●DO-INGグループは6月27日に事務所を梅田の駅近くに移転営業!
大阪市北区芝田2−2−17和光ビル601号 電話(06)4802−8607と変更なし

大きく明るいスペースでDO-INGは「社長の事業相談コーナー」も新設し有料予約制で事業相談に応じます


【詳しいアクセスマップはこちらです】



(セミナーイメージ風景)
ビームスのコンサルタントを行うの一環として、2003年12月〜2004年2月にかけてビームスの幹部・役職者研修を行いました。研修を終え、皆さんよりいただいたコメントを紹介します。「当たり前のことができていなかった」と思われた方が多かったようです!研修時には厳しい事を言っていると思われても、本当のことを正直に伝えることによって企業は改善されるという事に気づかれた方もいらっしゃったと思います。

ビームスの 幹部社員研修に頂いた他の方の感想
他の受講者のまじめで謙虚な姿を見て、この雰囲気を大切にしなければいけないと実感しました。(輸出入課・課長)
このような研修を入社当時や2,3年目に受ける事ができていたら、と感じた。受講する前はやや面倒に感じていた。しかし、実際受講し終えた後は、反省する点やこれからの課題が発見でき、非常に良い経験をしたと思った。(商品管理部・係長
認識不足を痛感しました。部下に対しての指導甘さも改めて考えました。(略)他部署のスタッフを注意する事が無くなってきていましたが、率先してやらなければいけないと思っております。(制作課・課長)
講師の先生の話が非常にわかりやすく、実践的な研修であった為、8時間の講義時間も短く感じた。(商品部・部長)
古川先生に御指導いただいたディスカッション、固定観念を破るゲームは非常に楽しく興味深いものがありました。(販売部・副部長)
前半の「BEAMS幹部研修」ではまず、固定概念のテーマでGAMEがあり、他社とのディスカッションを発表前に頭の体操が出来たのは、進行が上手いと思いました。(商品一部・主任
J○Lの研修よりずっと良い内容で、具体的な研修だったと思いました。
入社以来初めて、社員に危機感を持たせるような自己開発的な研修に参加させていただき、良い刺激になりました。(販売部・主任)
正直な話、今回受講するに当たってどちらかというと気が進みませんでした。普段やり慣れないことを宿題に出されるのは億劫でした。しかしリサーチでの心地良い接客、チェック表を記入することでの新たな自分を発見し、徐々に気持ちは期待へと変わっていきました。(WH・主任
今回の研修は、己を奮い立たせる為のきっかけ作りでえありスタッフが同じ方向を向いて動ける様、羅針盤を示されたのだと受け止めています。(BCR・係長)
言うべきは言い正すべきは正す。中途半端な差し支えのないやり方では物事は改善も進化もしないと痛感致しました
先生方もビームスをきちんと研究なさっていらした為、J○L講習よりもリアルな内容となっていたと感じます(レディス1部・主任)
固定観念を破るゲームやディスカッションは普段あまり話すことのない部署の方の意見や考え方を聞くことができたりと、今研修は色々な角度から物事を見ることができた時間でした。(商品4部・主任)
先生共に適度な厳しさが有った事が、結果として、緩んだ気を引き締めてくれたのだと思っている。適度な厳しさの重要性を、改めて感じる事ができた。(SYS・主任)
研修を受けるまで正直乗り気ではなく、「話を聞いてみようかな?」程度であった。しかし話を聞いて大げさに言えば「目の覚める思い」であった。いくらBEAMSがお金を払っているとはいえあそこまでストレートに指摘してくれる人はいないのではないか、BEAMSらしさと世間一般常識のずれ(個性のはき違い)と自身の危機感の無さを痛感しました。(メンズ2部・主任


今年の1月・2月に摂津市女性センターで「
女性のための再チャレンジ応援セミナー」が開催され、全6回コースのうちの3回を就職塾Do-ing代表の古川沙智子が企画・担当しました。

受講者の皆さんよりいろいろご意見をいただきましたのでいくつかピックアップしました。皆さんに大変満足していただけたみたいです!


「自分にあった仕事の見つけ方」や「求人広告のウラの読み方」などオーナーとしての視点と転職した豊富なキャリアと経験を生かした話しにはみなひきつけられました。また「カラー&メイク術」にはモデル役の女性を取り囲んで興味深々です。スカーフの生かし方や「色彩心理」を応用したスーツで「面接の必勝勝負服」などセミナーが終わった後も30分以上質問が絶えないなど充実のセミナーです



「受講者の声」

全体を通してのコメント
5回の講演とも充実した内容で、大変良かったです。自分を見つめ直す機会が できたので、これからの生活設計ができたように思います
色々と勉強になり、元気がもらえました。(YY)
とても有意義な6回でした。再就職に向けて前向きに頑張っていきたいです。 どうもありがとうございました。

2/19 人をひきつけるカラー&メイク術を受講してのコメント
今まで化粧に関心がなかったのですが、現在必要に迫られていますので勉 強になりました。
色の重要性についてよくわかりました。先生に自分の合う色をみつけていただ きた〜い!と思いました。メークももう少しがんばらなくては…と感じました。が んばりすぎたらケバくなる!むずかしいです。楽しい2時間でした。(YH)
スカーフの使い方ひとつで、ゴージャスな感じを作れ、首の年齢をカバーでき ることに気付き、ありがとうございました。(KK)
結婚前にカラー診断をした事がありましたが、10年も経つとすっかり忘れてし まっていました。自分のチグハグなカラーコーディネートにハッと気付き、反省し かり。手鏡で顔をのぞくのも子育てにおわれているとゆっくり見る暇もなく、すっ かりくすんだ顔色にびっくりです。意識をもっていかなくてはいけないナ…と思い ました。(EI)
見た目が大切な事がわかりました。これから自分に合う色、そして印象UPのため活用していきます。(KY)


2/26 レッツチャレンジ!私の第一歩を受講してのコメント
古川先生の「力強さ」がとてもすばらしいものに見えて、あこがれの目で見ました。素敵な女性でしたね。 (MN)



就職トークイベント『ファッションアドバイザーになりたい!第2弾』
は参加者46名、ジャヴァグループをお迎えして好評のうちに終了しました!
セミナーで質問していただいた問いにジャバグループよりお答えします。
Q1: 大学時代の勉強と、アパレル業界があまり結びつかないのですがやはり専門的な事を勉強している方が採用されやすいのですか?
A1: 確かに大学時代の勉強がそのまま社会人になって結びつくか、つかないかは、わかりませんが何かの時に役に立つこともあります。専門的な事を勉強したからといって採用される訳でもありません。
最後には、皆様の熱意・やる気 が結果に結びつくと思います。
Q2: 自分の意見を言うのが苦手なほうなのですが、やはりリーダーシップを発揮できる人が将来店長になるという夢も含めてプラスだと思います。人に指導するのが苦手な人は、採用されにくいですか?
A2: 販売スタッフとして大切なことは、人が好き、お客様とのコミュニケーショzンが好き、といった資質は必要になると思います。人に指導するというのは、誰もが難しいと思うことだと思います。経験も必要となりますので、まず今の段階では、何がしたいのか、自分の思いをしっかり持ち、その気持ちを表現していくことが大切だと思います。
Q3: 販売から店長というキャリアアップ の他に 販売から広報・営業・バイヤーという職種の異動はあるとおもいますが、その異動をするには必要なことがありますか?
A3: 職種の異動はあります。必ず全員が希望通りに異動できるとはお約束も出来ません。異動に必要なことは、現状与えられている仕事を一生懸命し、結果を出し 自分の思いを上司や先輩・同僚に伝えて行く必要があります。
Q4 お客様にお店を気に入って頂くためにどのようなことをされていますか?
A4: まず、お店・ブランドを気に入って頂くことも大切ですが、一番大切なことはお客様に自分自身を理解して頂き、自分を気に入って頂くことだと思います。皆様もそうだと思いますが、よく行く自分の好きな店には、気の知れたスタッフがいると思います。商品・お店だけではなく人と人とのつながりがあると思います。
Q5: アパレルでの面接について私服での面接を行なう企業が多い聞いたのですが、髪の毛の色はどうなのでしょうか?個性の一つになると思うのですが…
A5: 当社では、さほど髪の毛の色については問いませんが、清潔感がなく、相手に不快感を与える様な髪型・色は避けたほうがいいと思います。業界・企業によって異なりますので、確認して頂いたほうがいいと思います。
Q6: 採用基準として、学歴・資格・経験はどの程度関係があるのですか?
A6: 当社では、学歴・資格・経験は問いません。それよりも、皆様の熱意・やる気を面接の中で実際にお会いして、選考をさせて頂きます。(学歴・資格・経験 ではなく “人”を重視させて頂きます。)
Q7: 売上のノルマはあるのでしょうか?
A7: ノルマはありませんが、各個人別の目標予算はあります。企業(お店)を継続させて行くには、必ず売上(利益)が必要になります。各個人目標をもつことが、売上にもつながります。お店全体の売上をあげていくためにスタッフ全員で助け合いながらお店自体を盛り上げて行きます。 (チームワークが大切)
Q8: 採用の募集職種で「販売」とかいてある企業では、企画(MD・生産)等の仕事に異動出来ないのですか?
A8: 当社では、現状も販売を経験し、その経験を生かし、企画・営業・販売促進等で活躍しているメンバーもいます。必ず希望をすれば異動できる訳ではないですが、本人の頑張りや目標を持って仕事をすれば“道”はあります。他の企業が全て当社と同じではない、ことはご理解しておいて下さい。
Q9: (株)ケティで採用されて何年か後に(株)ビッキーで引き抜かれることはありますか?
A9: 基本的には、各社の異動はありません。(株)ケティ内での(ブランド・お店)異動はあります。
Q10: 会社説明会やエントリーはいつ頃からでしょうか?
A10: アパレル業界自体が4月頃からの説明スタートが多く他業界からは少し遅いといわれています。当社でも、3月中旬から4月にかけて説明会スタートを予定しております。
エントリーについては、11月1日より自社HP(http://www.java-group.co.jp)J’s Cafeで受付しております



[アパレル販売員プロ養成コース終了生の感想]
アパレル業界に強いDO-INGだからできるメリット!企業の人事からナマの声が聞ける、実践で使える教育システム、企業が求めている人材に育てるこんなスクール他にない!あなたもチャンスをつかんでください。
接客サービス業やあこがれのアパレルの仕事がしてみたい!でもブランクがあって不安、就職したい学生など参加者のナマの声を聞いてください。
特に企業の一線で働く人にも評価が高い研修です。



〜8月修了生の声〜
●N店長(女性)
濃い中味の楽しみな20時間でした。全てに基本が大事と痛感させられ、全ての事柄に理由があることを教えてもらい検証するようになった。会社のホスピタリティーについて深く考えるようになり自分がなぜ頑張らなければならないか目標が明確になった。

●O店長(男性)
お辞儀や立ち方などふだんなかなかわからない「人から見られている自分」を教えてもらった。自分に足りない部分をおぎなって本当のサービスが提供できるようにしていきたい。スタッフに指導するにも「自分を見直して」自覚を持って仕事に取り組みたい。少人数制で密に話ができてよかった。また是非参加したい。

●S店長(男性)
姿勢の大切さや第一印象の重要性を教えてもらった。また「自己分析」してこれから必要なスキルを具体的に知ることができ自分を高めるのに役立った。スタッフの教育にもすぐ使える「接客、ことば使い、気の配り方、電話ロープレ」も実践的です。電話応対など早速お客様につかわせていただきます。ぜひまたご指導お願いしたいです。



〜6月修了生の声〜
●l Mさん(女性50歳)
「目からウロコが落ちました」[DO-INGに出会って本当に人生が変わりました!]
 ブランクの長いわたしでしたが[もう一度働きたい]という気持で参加しました。セミナーを受けて毎回新しい発見に[目からウロコが落ちっぱなし]自信もつき絶対就職したいと思っていたところDO-INGさんにご尽力いただき、早速3社からも面接してもらえることになり大変喜んでいます。
[チャンスをいただき本当に有難うございます!出会えてよかった!]

●l Sさん(男性27歳専門学校生)
ファッション系専門学校に通っていますが、今の厳しい就職状況の中、参加してみて[マーケティング]や[ウオッチング能力の鍛え方][冠婚葬祭のマナー]なんて学校では教えてもらえない「実践的なカリキュラムで本当に役に立つ」と思います。
電話応対のロールプレイングも実際お店にかかってくる事例を演習し、クレーム対処や受け答えに自信がつきました。

●l Mさん(男性21歳大学生)
アパレル業界をめざしており特にDO-INGが提携している企業が私が入社したいところでした。新卒者の採用状況など人事に直結しているのでリアルタイムに教えてもらえましたし、自己分析や履歴書のアドバイスもしていただきました。
大学では専門的教育もなく、企業説明会でも本当のところはわからないですが、情報も入ってくるしもちろんセミナー内容も知らないことばかりで大変ためになりました。就職のために自分の適性を知ることができまた[販売ロールプレイング]ではすぐに問題点をアドバイスしていただき実際店に立っているようで非常に参考になりました。学生のうちにぜひ受けておくセミナーです!



DO-INGの教育システムは業界やマスコミからも非常に注目を集めており
雑誌「チャネラー」8月号にも取材掲載されました。
業界関係者からはありがたいことに
今後イベントにも神戸のJ社やセレクトショップR社の人事担当や役員のかたから
「是非イベントセミナー」に出演したいとのお申し出がありました。
「会社説明会」では聞くことのできない企業の声を聞けるチャンスを転職者や学生に提供していきたいと思っていますのでこうご期待!(9月に予定しています)





©2003 at-imagine.com

'>